読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無課金こみぃのクラクラ攻略

無課金ユーザーの視点でクラクラを強く楽しく遊ぶ方法をお伝えします!

クランの運営方法について考える

こんばんは、こみぃです(^^)

 

今回は少し哲学的な話になりますがクラン運営について考えてみたいと思います。そもそも記事が長いので早速本題に入らさせて頂きますが、強いて言えば子供が掴まり立ちできるようになりました(^^)成長した姿を見た瞬間は本当に感動します!

 

🔷なぜクラクラをやっているのでしょうか?

では本題です。ゲーム全般に言えることですが皆さんなぜゲームというものをプレイしていますか?最初は単純に楽しいからとかお気に入りのシリーズだから、とか入り口はたくさんあると思います。しかし過去に全面クリアしたゲームの事を思い出してみると、そういうゲームはどこかのタイミングでストーリーを全てクリアしたいという気持ちに変わったタイミングがあったのではないでしょうか?中には義務感で全クリした場合もあると思いますが、それも含めて全クリしたいと言う気持ちになった事に変わりはないと思います。何が言いたいかというと、ある一定のところで全クリしたい!と思わないゲームは途中で辞めてしまうものだと思うのです。

 

🔷クラクラの全面クリとは?

では最近のスマホゲームはどうでしょう?そもそも何をもって全クリと言えるか分からないものが非常に多いと思います。際限なく新しいイベントや強敵が出現しますからね。ではどれも途中で廃れるかと言うとそうでもなく、それは次々に実装されるイベントや強敵のクリアがプレイヤーに目的意識を継続して与えているからだと私は考えています。スマホゲームの代名詞であるパズドラやモンストもそうですよね。新しいボスが新しい妨害をしてきて、それを突破する為に手持ちモンスターを鍛え、時には対抗スキルを持ったモンスターをガチャで引かせることによりプレイヤーを飽きさせずにいます。ではクラクラはというと、分かりやすい仕掛けはトロフィーです。

 

🔷再度、クラクラをなぜやるかを考える

ではなぜクラクラが長く世界中で愛されているのか、1つは先程も言ったトロフィーですがこれは少数のヘビーユーザーのみに限られた目的になっていると私は考えています。実際に最高峰のレジェンドリーグに行こうと思うと普通はタウンホール11の攻撃力と防衛力に加えて毎日それなりの時間を費やさねばなりません。では他の多くのユーザーはどうかと言うと、私はクランの居心地によっているのではないかと思っています。

 

🔷クランはプレイヤーに目的を与える場所

ここで言う居心地とは単純に人間関係の話のみではありません。もちろん人間関係は重要ですが、それに加えて自分のプレイする目的と合致したクランかどうかも重要な要素だと思っています。しかし多くのプレイヤーは初めから明確な目的意識を持ってクラクラをプレイしてはいないと私は思っており、だからこそクランはプレイヤーに対して目的を提案する必要があるのだと考えています。

 

🔷多くのクランは目的が不明確

では実際はどうかと言うと、紹介文を見る限り多くのクランは運営目的が不明確だと私は思います。例えば楽しい、とか社会人、とか地域とかを売りにしていますが、それ以上の事を謳っているクランは稀です。上記キーワードがダメと言っている訳ではありません。例えば特定の地域であればゲームをやりつつ地域情報を交換するコミュニティーの場、など具体的な位置づけを提案したらより良いと思うのです。人がそれなりに集まっているご当地クランであれば実際にそのような場になっているのではないかと思いますが、明示すればそれだけでも他のクランとの差別化要素になります。これを明確にした上で外部に発信すれば賛同するメンバーが集まり易くなるのではないかという事です。以上より、私見ではありますがクランの活発的な運営において目標発信は欠かせないものだと思います。

 

🔷関西クラクラ倶楽部は関西No.1をめざします!

長くなりましたのでそろそろ締めていきたいと思いますが、最後に関西クラクラ倶楽部の目標をお話させて頂きます。

 

  • 強く楽しく!
  • 関西No.1!!

 

強く楽しく、とは個人個人がクランの中で楽しみながら強くなれる雰囲気を維持しよう、という意味です。その上で、私たちは関西と名が付くクランの中で最高のクランレベルめざしています。社会人が多いので対戦以外はチャットも穏やかですが、いざ開戦すればコミュニケーションを重視しつつ協力して勝ちに行きます!

f:id:kurakurakouryaku:20170205175730p:image

(↑リーダー、もしご覧になってて内容が違ってたらご指摘お願いします!)

最後が宣伝みたいになってしまいましたが賛同して頂ける方は是非とも遊びに来てください(^^)

 

 

という事で、今回はクラン運営についていま私の考えているところをお話させて頂きました。賛否両論ある内容とは思いますので、皆さんがどうお考えか、同意見でも反対意見でももし有りましたら是非お聞かせ頂けると嬉しいです(^^)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考になりましたら是非評価ボタンをよろしくお願いいたします。

 

所属クランの紹介です。こちらも是非ご一読を宜しくお願い致します^ ^