読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無課金こみぃのクラクラ攻略

無課金ユーザーの視点でクラクラを強く楽しく遊ぶ方法をお伝えします!

スランプの時こそ積極的に対戦に参加すべし!

こんばんは、こみぃです(^^)

 

 

さて今回はメンタル面の話です。実は年始以降、私、かなりのスランプに悩まされてました。対戦を4回やって取れた⭐️の数が7つという事で、個々に見ると⭐️1ばかりで1度は⭐️ゼロという結果もありました。その時に考えた事を今回は語らさせて頂きたいと思います。

f:id:kurakurakouryaku:20170130183034j:plain

 

🔷スランプの時こそ積極的に対戦参加しよう!

スランプって辛いですよね。自分のせいでクランメンバーに迷惑をかけて、特に上位メンバーの場合は自分の結果が勝敗に直結しかねないので一層辛いと思います。そんな時、暫く対戦を休もうと思う方が多いと思うのですが、私は逆に、早くスランプを抜け出したいならむしろ積極的に対戦参加すべきだと思います。

 

🔷対戦の感覚は対戦でしか磨けない

なぜかと言うと、クラン対戦で攻める緊張感はマルチやフレンドリーチャレンジでは絶対に経験できないからです。勿論、マルチやフレンドリーチャレンジでの練習が重要な事は言うまでもありませんが、クラン対戦では自分のスキルに加えてプレッシャーに打ち勝つメンタル、つまり場慣れも必要です。参加を控える事は場慣れ感を薄れさせ、結果、練習を積んでいざ臨んだ対戦で緊張して失敗し、どんどん落ち込んでいく悪循環すら生みかねません。自分とクランメンバーの事を想うのであれば、むしろ対戦に参加し続ける方が良いと思います。

 

🔷積極的な姿勢が雰囲気を明るくする

理由は他にもあります。調子が悪くても積極的に練習し、対戦にも参加を続ける姿勢はきっと他のメンバーにとっても良い刺激になるでしょう。自分がスランプになっている時には気付かないものですが、誰かが凹んで引きこもると対戦参加者も徐々に減り始め、他のメンバーもなんとなく暗いムードになります。逆に前向きに頑張るとクラン全体が明るくなり対戦も盛り上がります。そういう意味でも対戦参加は決して迷惑などではないと思うのです。

 

🔷スランプの理由を探す

とは言えスランプからはなるべく早く抜け出したいものですよね。ではどうしたら早く抜けられるか、私の答えはとにかく理由を探すことです。スランプというのは今までできていたことができなくなる状態ですので、まずその理由が自分にあるのか周囲の環境変化にあるのかから突き止め、その原因を解消すればいいと思うのです。因みに私の場合は最近のアップデートでバルーンが強くなったからという理由でゴレウィズからのラヴァバルを使った全壊狙い戦術にこだわり過ぎたのが原因でしたので、昔から愛用してきたクイヒーGoWiVaに戻したら⭐️2以上が安定するようになりました。もしこれが防衛施設の強化によるスランプであった場合は逆に新しい戦術を模索せねばならない、という事になると思います。

 

🔷スランプを抜けた先には新しい発見がある

とは言え、このスランプ期間は私にとって決して無駄ではありませんでした。と言うのも局所的なラヴァバルによって火力集中地帯を潰しつつサイドカットをする術を学べたからです。このやり方については前回の記事で書かさせて頂きましたが、スランプ期間中は普段以上に悩んで試して反省して、、という事を繰り返すので抜けた先には必ず何かしらの成長があるものだと思います。

f:id:kurakurakouryaku:20170130183415j:plain

 

🔷魔女の宅急便の絵描きさんの話

最後に、私がスランプの際に心の支えにしていたある言葉を紹介したいと思います。皆さんご存知、魔女の宅急便において、空を飛べなくなったキキに絵描きさんが言った一言。

f:id:kurakurakouryaku:20170126001306j:plain

「描いて描いて描きまくる!それで本当に嫌になったら描くのをやめる。そうするといつの間にかまた描きたくなる」

  

とにかくもがく!それでも本当に駄目で、もうやめたくなったら嫌いになる前に無理せず休む。そうすると自然とまたやりたくなる。という事ですね。スランプが原因でクラクラが嫌いになるならいっそ休む事も選択肢だと思いますが、大抵のスランプはそうなる前に抜け出せるのではないかと思います。自分でもがくも良し、クラメンにアドバイスを貰うも良し、自分なりの方法で前進できればいいと思います(^^)

 

 

という事で、少し長くなりましたが今回はこの辺で終わらさせて頂きます。繰り返しですが前回の記事はこのスランプ期間中に身についたテクニックでした。まだな方は是非ご一読いただけると幸です(^^)

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考になりましたら是非評価ボタンをよろしくお願いいたします。

 

所属クランの紹介です。こちらも是非ご一読を宜しくお願い致します^ ^