読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無課金こみぃのクラクラ攻略

無課金ユーザーの視点でクラクラを強く楽しく遊ぶ方法をお伝えします!

落ち込むなかれ!失敗からこそ学べる事は多い(2)

 こんばんは、こみぃです^_^

 

前回に続き、今回は失敗した後に何をするのかという事に関して考えていきたいと思います。当然反省はするのですが、実際に仲間の事も考えると自己完結では終われない方も多いのではないかと思います。

 

f:id:kurakurakouryaku:20160904154456j:plain

🔷まずは失敗から学べばいい!

前回お話しした失敗は個人的にかなりショックだったからこそ、やはり失敗の理由はよく考えました。その内容は次回のブログで書かさせて頂こうと思いますが、要は下を向いて逃げるなという事ですね。それともう1つ、クラン対戦での戦績は貢献の1つの形に過ぎないという事も再認識しました。

 

🔷クランへの貢献の仕方は沢山ある

具体的に何かと言うと、最も分かりやすいのが普段の援軍提供ですよね。これが無いとそもそもクランは成り立ちません。更に、気付きやマルチのリプレイをチャットで共有してみたり、フレンドリーチャレンジで村を提供したり、逆に攻めてみたり。対戦の際にはチームとして統率を取る必要がありますので攻めて無いメンバーをフォローしたりするのも重要な貢献の仕方だと思います。そして何より、ある程度の期間を共に過ごしたメンバー同士であればその人がクランに居てくれるだけで嬉しく思うものだと思います。それらを全て、1度の対戦で失うという事はあり得ませんし、もし精一杯頑張って攻めた仲間に対して暴言を吐く輩が居るのであれば、そっちの方が余程おかしな話だと思います。クラン対戦で失敗すると確かに悔しいし苦しい思いをしますが、クラン対戦自体、1人ではできません。失敗の反省をしたら、あとの借りは次の対戦も含め、援軍でも何でも別の形で返せばいいのです。

 

🔷クラクラはクラブ活動みたい

しかし、こんな気分になるゲームもなかなかないですよね。特にクラン対戦などは皆で団結して戦い、勝てば一体感とテンションも上がるという辺りが正に学生時代のサークルやクラブ活動みたいだなと改めて思いました。因みに関西クラクラ倶楽部の由来も、創設者のラテさんが倶楽部活動みたいな楽しいクランにしたいという思いから名付けたそうです(^^)

 

楽しかったり辛かったり喜んだり悲しんだり、色々あると思いますが、クランメンバー同士でその感情を共有しながら楽しむのがクラクラの醍醐味なのかなと思います。お互いの顔が見えないネットゲームの世界ですが、居心地の良さを感じているクランであれば失敗だってきっと受け入れてくれると思います。深く悩み過ぎず楽しんで行きましょう!!

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考になりましたら是非評価ボタンをよろしくお願いいたします。

 

所属クランの紹介です。こちらも是非ご一読を宜しくお願い致します^ ^