読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無課金こみぃのクラクラ攻略

無課金ユーザーの視点でクラクラを強く楽しく遊ぶ方法をお伝えします!

クランレベル9に到達してみて想う事

こんばんは、こみぃです(^^)

 

 

今回は1つ報告です。先日、ついに関西クラクラ倶楽部のクランレベルが9になりました!

f:id:kurakurakouryaku:20160718140545j:plain


設立が2015年の1月ですから約1年半での到達という事になりますね。現在のクランの様子は以下の写真の様な感じですが、過去を振り返ってみてもメンバーもおよそ25人から30人で安定していたと思います。

f:id:kurakurakouryaku:20160718140612p:plain

f:id:kurakurakouryaku:20160718141418p:plain

とは言え実際に対戦に参加するのは毎回10~15人です。やはり社会人や家族持ちの方がが多いため、参戦率はおよそ50%という感じになりますね。このような人数でほぼ常時と言える週3回の対戦を重ねて達成したクランレベル9でした(^^)


🔷個人的に思うクランレベル9の価値

当然ですがメンバーも多くて常時対戦、常勝というクランであればもっと早くに到達するのだと思いますが、我々の環境ですと1年半はかかります。しかし個人的には関西クラクラ倶楽部として時間をかけてこのレベル9に到達したという事にとても意味を感じています。なぜかと言うと、今の私生活ではチャットが盛ん、対戦参加必須、イベントも多い、という活発な環境のクランには残念ながら身を置けません。そして勝手な想像ですが、関西クラクラ倶楽部のメンバーには似た環境の方が割と多く集まっているのだと思います。クラクラに費やせる時間は限られている、けどできる限りクラクラを楽しみたい。そんなメンバーが集まったこのクランでお互いの立場を尊重し合い、一人一人がクランを支えている気概を持ち、対戦やる時はガチでやる、という事を1年半という決して短くはない期間、積み重ねてきた結果がこのクランレベル9なのだと思っており、この過程を考えるととても意味が深い事に思えてくるのです。

 

🔷最後に

正直な事を言えば1度はドズルさんのクラチャンをはじめ、きおきおさんやほっしーさんなどの有名クランで戦ってみたいという思いはあります。しかし実力的な面は勿論、仮に席を置かせて頂けても特に時間の面で十分な貢献はできないという思いで門を叩けずにいます。でも、それで良いのかなと個人的には思っています。自分が貢献できると思える範囲の環境で、心を許せる仲間達と自分のペースで遊ぶ。それがこのゲームの楽しみ方だと思いますし、そういう場所が、今の私にとっては関西クラクラ倶楽部なのだと思います。これからも今のメンバーと、そして今後、新しく入ってきてくださるであろう方々と、このクランを盛り上げつつマイペースにクラクラを楽しめたらと思います。と、ここまで言っておいて私は創設者でもリーダーでもなく途中参加のサブリーダーなのですけどね(^^)今は諸事情でクランを離れてらっしゃいますが、本当に創設者のラテさんにはこのクランを創ってくださった事に感謝するばかりです。

 

今回は一方的な私の感想になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

所属クランの紹介です。関西クラクラ倶楽部ではメンバーを募集しておりますので、よろしければこちらも是非ご一読を宜しくお願い致します^ ^